結婚までの問題

それを、〃男はみんなオオカミよ″と意訳してしまったのです。男性は誰でも、女性を征服するという形で手に入れたいと思っている、だから〃オオカミなのよ〃というのでしょうが、たしかに配偶行動という側面だけを考えれば間違いありません。もう一つの誤解は、次のようなものです。恋愛というのは男女間の駆け引き、それも、生涯でそうそう経験することのない駆け引きですから、互いに秘術をつくして、なんとか相手を自分のものにしようとするわけです。素敵な結婚相手を、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。
ところが、その際、あまり簡単に相手の要求に応じてしまうと、安売りをしたことになり、その後の二人の関係において不利になることがあります。また、これは男女どちらにも共通しているのですが、こんなにあっさり決めてしまって、他の配偶者と一緒になる可能性を捨ててしまってもいいのだろうかと、悩むこともあります。つまり、障害がなければないで、そういう考えが頭をもたげてくるのです。そのため、美しくて優しい女性と、不器量で性格の悪い女性の間にはさまれた男性が、意外に不器壁で性格の悪いほうの女性と結婚してしまうことがあります。ノーと言われると、どうしてもイエスと言わせたくなるのが男性なのですが、イエスと言わせたからといって、安心して捨てるという平安時代の男性がしていたようなことは現代日本の男性にはできません。美しくて優しい女はなかなかイエスと言ってくれない。

出典:
DM065_L

Comments are closed.