女の嫉妬はには愛がある

しかし、不器量で性格が悪い女はたぶんいつでもイエスと言ってくれそうである。そこで、美しい女にイエスと言わせるまでじっくりと攻めて、不器量のほうは簡単に落とせるからスペアーとしてとっておこうと思ったりするのですが、これは錯覚でしかありません。つまり、今日の日本の社会ではひとたびイエスと言わせてしまったら、もう取り消すことはできないという社会的約束ごとに気がついていない男性があまりにも多いのです。新しい出会いが、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。
女の嫉妬は「愛」から生まれ男の嫉妬は「順位制」から生まれる
●相手を独占しようとするときに女の嫉妬ははじまる
●女の嫉妬には愛があるが、男の嫉妬には相手を引きずり下ろすことしかない
●女性が嫉妬深くなるのは、子育ての本能があるから
○女が嫉妬深いと言われるのはなぜ?
前項で、逃げる女性を追いかける男性について述べましたが、女性の場合、そういうことはないのかという疑問が当然起こってきます。もちろん、女性にもそうしたケースはあります。たとえば、男性が強く迫ってきて、それに応じて性的な関係を生じたとたん、その男性が来なくなってしまった場合、こんどは逆にその男性を恨んだり、あるいは積極的に追いかけたりするという行動に出るのですが、その過程で気が狂ってしまうこともあるのです。こうした女性は古くから文学作品にも多く描かれており、たとえば能では、一花筐(はながたみ) 」など恋慕の狂乱と言われるジャンルには、この種の作品が少なくありません。

参考:出会いアプリ
DM098_L

Comments are closed.